大学生のうちにセフレを作るメリットは?その理由と作り方を紹介!

どうも、みんなの出会いラボ所長です。

突然ですが、大学生は人生の中で最もセフレが作りやすい時期です。

大学生というだけで、寄ってくる女がわんさかいます。

そこで私がオススメするのは、大学生のうちにセフレを作ること。

一度セフレの作り方さえマスターしてしまえば、女で満たされた生活を送ることができます。

普段あまり女性と縁のない生活を送っている男性の場合は、

  • 「俺なんかでもセフレができるの?」
  • 「彼女すらできたことないんだけど大丈夫?」

と思う方もいるでしょう。

もちろん、答えは『YES』です。

やり方さえわかれば、誰でもセフレを作ることなんて容易いですよ。

しかも、大学生の身分を活かせば、セックスまで持ち込むことも簡単にできるので、今のうちにセフレを作って男の魅力を磨いておきましょう。

・セフレにしやすい女性ランキングTOP5を発表!童貞でも落とせる女は?

ここでは、大学生がセフレを作るメリットと、誰でもできるセフレ作りの方法について紹介します。

大学の4年間をセックスで彩る

大学4年間は、やることが無限にありますよね。

例えば、

  • 学業
  • 部活・サークル
  • 趣味
  • 就活

などあげればキリがないですが、その中で女性経験を積んでエッチをするという経験を持つべきです。

なぜか?

それは、セフレを作ることさえできれば生涯的にモテる男になるからです。

女の扱い方・落とし方が上手くなるし、セックスのテクニックがどんどん上がります。

そうすれば、狙った可愛い女の子・美女を思いのままに落とし、エッチまで持ち込み惚れさせることができるようになります。

可愛い女の子と一緒にいる生活を掴みたいのなら、大学生のうちにセフレを作って女遊びをしておくべし!

大学生がセフレを簡単に作る方法

大学生は、ぶっちゃけ大学生というステータスだけでモテます。

  • 若い健康的な男性であること
  • お金がなくても大学生だから許される
  • 時間があるから女性としてはかまってもらえる
  • 昼間に出会える男性というレアさ

どんな女性から見てもメリットしかないので、大学生はモテます。

「俺なんてモテないよ・・・」

という人は自分の価値を認められる場にいないだけで、需要は高いです。

そんな大学生というステータスを最大限に活かせるセフレ作りとは?

答えは、出会い系で、女子大生と年下好きの人妻を狙うことです。

女子大生(JD)をセフレにする

男子大学生が最もセフレにしやすいのは、出会い系にいる女子大生(JD)です。

出会い系には、彼氏がいなかったり、別れたばかりで男に癒されたいJDがいっぱい。

大手の出会い系に登録してくる女子大生は後をたたないのですが、彼女たちも警戒心がすごいです。

若いJDはヤリモクのリーマンやおじさんが狙い目にしていますw

女子大生が出会い系に登録すると、初心者マークがつくので、彼らはウブなJDをゲットしようと躍起になってメールを送ってくるのです。

エロいメールや下心丸出しのメールが登録後にすぐ届く・・・

まさに恐怖ですよね?しかも年上のキモい奴がいっぱい。

そんな中、同じ大学生の男がアプローチを仕掛けてきたらどう思いますか?

大学生の男なんて彼女たちは毎日見ているし、同年代で同ステータスなので大学生というだけで心を許してくれます。

「〇〇大で演劇のサークルにいるよー」

なんて軽いアプローチでメールができます。

話も同じ大学生なので、抜群に弾みますよ。

相手のJDも普段大学にいるJDと違って、男に飢えていて本能レベルで男を求めています。

コツとしては、サシ飲みに誘って酔わせてお酒の力でホテルに連れ込む方法。

女子大生(JD)は同じ大学生の男を探していることも多いので、このみのJDをゲットしてエッチするべし。

・女子大生は童貞でもセフレにできます。JDがセフレにしやすい理由とは?

年下好きの人妻をセフレにする

次に、大学生というステータスがウケるのが、年下好きの人妻です。

出会い系には、旦那とうまくいっていない若妻が毎晩セックスパートナーを求めて掲示板に書き込みをしています。

夫と夢の夫婦生活を始めたものの、夫が遊び人であったり、セックスレスになってしまったりとうまくいっていない夫婦は予想以上に多いです。

そんな中寂しさを感じて、女性として見られたい若妻が出会い系で年下の男性を狙っています。

家庭があると、夜は旦那と一緒にいないといけないですよね?

だから彼女たちは、お昼に会える男性=時間の融通がきく大学生を狙います。

若くて健康的なお昼会える男という条件を満たしているのが、まさに大学生なんですね。

基本的に年下好きの女は、相手が全ての主導権を握ってくれるので、合わせてあげてエッチをすれば良いだけ。

ホテル代も出してくれることが多いし、ご飯も奢ってくれるのでまさにタダマンにぴったりですよw

大学生のうちにセックス経験を蓄えるべし!

もし大学生で経験人数が2・3人だったり、童貞なら結構やばいです。

というのも、女性経験が浅いことがにじみ出てしまうので、社会人になった後に女にモテなくなります。

出会い系というと、世間的にはグレーなイメージがありますし少しためらいがありますよね。

「周りの男で出会い系を使っている奴なんていないし・・・」

と思ってしまいます。

ただ、大学生で出会い系を使っている率はかなり高いですよw

「俺出会い系で女とヤリまくっているんだよねw」

なんて絶対普通の男は言わないです、使っていたとしても。

出会い系で女を食い物にしているくせに、学校ではクソむっつりの男子大学生なんてザラですよ。

同様に、普段清楚に見えて男っ気がないJDでも出会い系で男を漁っていることもよくあること。

女と出会って、口説いて、セックスをする。

この経験は男としてのレベルを上げてくれるし、女の扱いも上手くなります。

自分のレベルが上がれば、ゲットできる(セフレや彼女にできる)女のレベルも格段に上がります。

「美女とエッチができる人生を送りたい!」

という意欲ある人は、大学生のうちに出会い系でのセフレ作りにチャレンジしましょう。

私が10年間使っている出会い系サイト

私は出会い系歴10年ですが、ずっと使い続けられているのはPCMAXです。

>>PCMAX(R18)の公式サイトはこちら

PCMAXの他サイトとの大きな違いは、2点。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

まず1点目は、がんばれば登録したその日中に女とアポがとって出会えること。

これは、「すぐに会いたい」という女性が投稿している掲示板があるから。

2点目は、とにかくエロい女であふれていること。

今の時代、結婚を意識した出会いを探すマッチングアプリが流行っていますが、なぜ彼女たちが出会い系に登録しているのか?

それは、男性とエッチなことを想定した上で会いたいからです。

だから、PCMAXは本当に刺激的です。

出会い系には美女と可愛くない女がもちろん混在しています。

ブサイクだった時にがっかりする以上に、私は美女を抱けた喜びを味わいたいのでしぶとく続けてきました。

好みでない女性を抱いたこともありますが、とびっきりの美女のあそこをゴムなしでガンガンついた時の気持ち良さがやはり勝ってしまいます。

「とにかく若い女と乱れまくったエッチがしたい」と強く思っている男性のみ利用した方が良いです。

でないと、普通の女に戻れなくなる可能性があります。

実際に使ってみて、当たりを引いてしまうとその意味がよくわかるはずなので、「とにかく素人女性とセックスがしたい」という強い意志がある方はおすすめです。

>>PCMAX(R18)の公式サイトをチェックしてみる

PCMAXは安全な出会い系?

日本の役所に、安全な出会い系であると認められるには、年齢認証必須です。

これは、18歳未満に出会い系を利用させてはいけないと法律で義務付けられているので、優良なサイトだとしないといけません。

PCMAXは16年の老舗サイトでこのあたりは抜かりありません。

悪用されることはないし、送って本部の人間が確認をしたら、送ったものはすぐ破棄されるので気にしないで大丈夫です。

気になる方は、上のように顔写真をモザイクかけて赤く囲ったところだけを露出させてください。

もしくは、クレジットカードで100円課金することでも年齢確認は簡単にできます。

また、電話認証については多重登録防止目的なので、電話をかけると機械から「確認済みです」と返ってくるだけで、もちろんサイトから電話が来ることは一切ありません。

これで本登録は完了です。

すぐ会うためには、無料登録分のポイント(1000円分)で試してみると良いでしょう。

これだけだと不安だという場合は、だいたい3000円ほど課金すれば女性とほぼ会うことは可能です。

私はコアなユーザーなので毎月3000円は追加して新規開拓を狙っています。

出会い系には、

  • 若い女子大生
  • OL
  • ギャル
  • 欲求不満な人妻
  • ナースや介護士などストレスフルな職業の女性

などいろんな女性がいるので、自分好みの女性に声をかけてGETしましょう。

まずは無料登録をして、雰囲気を掴んでみると出会えることがわかるはず。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

自分好みの可愛い女と出会ってすこぶるやりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする