マッチングアプリと出会い系サイトの違いをガチ比較する【男性向け】

「マッチングアプリと出会い系サイトって何が違うの?」

「彼女欲しいんだけど、どっちがいいの?」

今の時代、ネットで出会いを求めようと思ったら無数のツールがありますが、そのメインがマッチングアプリと出会い系サイトです。

名前がややこしいし、サービスも多様化しているのでわかりにくいと思います。

一般的な認識として、こんな感じですね。

マッチングアプリ=FACEBOOK連携の出会いを求めるアプリ

例:ペアーズ・ゼクシィ恋結び・タップル誕生

出会い系サイト=ガラケー時代からある老舗の出会いを求めるサイト

例:PCMAX・ハッピーメール・Jメール

この2つのそれぞれの違いを徹底比較していきます。

ぶっちゃけ本音トークも入れるので、ぜひ参考にしてくださいね。

マッチングアプリのシステム

マッチングアプリは、完全に真剣な結婚・恋愛目的です。

恋をしたかったり、年をとってきて将来を過ごすパートナーが欲しいなら、マッチングアプリ一択です。

マッチングアプリのシステムは、女の子の一覧を見ていて気に入った子がいれば、「いいかも」を送って、相手から「いいかも」が返ってくればマッチング完了。

この時点で、その女の子とメッセージのやり取りができます。

料金は月額制で、使い放題。

どのアプリもだいたい月4000円くらいに設定しています。

さて、システムの話はこれくらいにしてぶっちゃけた話を。

マッチングアプリは完全な「格差社会」

マッチングアプリは完全なる格差社会です。

本気度がかなり高いのがマッチングアプリなので、学歴や職業などを鮮明にプロフィールに掲載する必要があります。

アプリによっては、年収を書くものも多いですよ。

マッチングアプリを使うにあたって、鮮明な顔写真は必須です。

しかも男が自撮りしていると引かれるので、第三者が撮影した写真が必須。

つまり何が言いたいかというと、イケメンと高収入が有利すぎるということ。

自分がイケメンであるか、高学歴の場合はマッチングアプリだとモテます。

建前は、結婚や真剣な恋愛がメインですが、セフレを作ったり、ワンナイトラブをすることも可能です。

というか私の親しいイケメンのナンパ友達は「タップル誕生」で、可愛い女の子を食い物にしていますw

逆に、パッとしない男性だと写メを見て気持ち悪がられるのでモテません。

恋愛・結婚相手も見つかりますが、ブサメン・並みの年収程度で付き合えるレベルの女。

可愛くなかったり、性格に問題があったり。

利用するのに、ある程度のスペックが求められるのがマッチングアプリです。

普段モテない男が、マッチングアプリを始めたところでモテるようになるわけではありません。

・ペアーズで出会えない男の3つの特徴と簡単な対処法を伝授します

出会い系サイトのシステム

出会い系サイトの目的は、セフレやワンナイトラブの相手・飲み友募集などです。

マッチングアプリに比べて、かなりライトな作りになっています。

もちろん、恋愛もできるのが特徴で私自身、10年間使っていますが何度も出会い系で彼女を作っています。

顔写真も適当で構いません。

つけなくても出会えるし、私は自撮りした写真を加工しまくってイケメンに仕立て上げています。

料金のシステムは、アクションごとにポイントを消費するパターンです。

例えば、私がメインで使っているPCMAX。

・PCMAX(R18)の公式はこちら

プロフィールの閲覧が10円。

メッセージの送信が50円です。

はじめに、1000円分のポイントがついてくるので一度試してみましょう。

さて、システムはこれくらいにして本音トーク行きます。

出会い系サイトは低スペック男子に優しい

出会い系サイトは、マッチングアプリと比べてスペックが要求されません。

また、即効性があります。

大手の出会い系には掲示板があるので、掲示板で「今すぐ会いたい!」と思っている女性とアポを取ることができます。

もちろん、あなたがイケメンだとして、イケメンの写真を載せて声をかければ反応はいいですよ。

ぶっちゃけ、女の子自体も面食いの女の子がいないので、顔がイマイチだったとしても戦略によってはいくらでも会えます。

ただ、私のようなフツメン以下でもチャンスがあるのが出会い系の良いところ。

狙う女性を絞れば、エロ可愛い女の子とエッチをしたり、セフレ化することができます。

これについては以下を参考にしてください。

・セフレにしやすい女性ランキングTOP5を発表!童貞でも落とせる女は?

ここに載せているタイプの女の子をしっかり見分けて、メッセージを送ればすぐに会うことができます。

逆にデメリットは、かなり豊富な女性がいることw

異常にドMだったり、Sなお嬢様だったり、性欲が強すぎる女の子だったり。

マッチングアプリに比べて、バラエティーに富んでいるので安定を求める人には向いていません。

やはり、冒険心が必要です。

一方、最大のメリットはブサメンでも美女を抱くチャンスがあること。

私はこのメリットが大きいから、出会い系を中心に使っています。

出会い系を使ったネットナンパのノウハウを以下の記事を参考にしてください。

・ネットナンパのやり方とテクを公開!恋愛初心者が美女をゲットする方法は?

じっくりと時間をかけて会いたいならマッチングアプリ、手っ取り早くヤリたいまら出会い系サイト

マッチングアプリはいかんせん、真剣な出会いを求めている層がほとんどなので、会うまでに時間がかかります。

また、顔とか学歴・職業などのリアルの要素が密接に絡み合っているので、こちらに自信がない男性は厳しい戦いを強いられます。

ただ、ちゃんと使えば会えることは会えるし、付き合えますよ。

もし私がイケメンなら、マッチングアプリで私のイケメンのナンパ友達のように美女狩りをしたいものです。

出会い系サイトは、シンプルです。

「とにかく可愛い女の子と早く会いたい・ヤリたい」という欲求が強ければ出会い系ですぐ会える系の女の子をゲットしましょう。

・ネットナンパのやり方とテクを公開!恋愛初心者が美女をゲットする方法は?

私のような、30代の平均年収を割っているような低スペック男子でもチャンスがあります。

私が10年間使っている出会い系サイト

私は出会い系歴10年ですが、ずっと使い続けられているのはPCMAXです。

>>PCMAX(R18)の公式サイトはこちら

PCMAXの他サイトとの大きな違いは、2点。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

まず1点目は、がんばれば登録したその日中に女とアポがとって出会えること。

これは、「すぐに会いたい」という女性が投稿している掲示板があるから。

2点目は、とにかくエロい女であふれていること。

今の時代、結婚を意識した出会いを探すマッチングアプリが流行っていますが、なぜ彼女たちが出会い系に登録しているのか?

それは、男性とエッチなことを想定した上で会いたいからです。

だから、PCMAXは本当に刺激的です。

出会い系には美女と可愛くない女がもちろん混在しています。

ブサイクだった時にがっかりする以上に、私は美女を抱けた喜びを味わいたいのでしぶとく続けてきました。

好みでない女性を抱いたこともありますが、とびっきりの美女のあそこをゴムなしでガンガンついた時の気持ち良さがやはり勝ってしまいます。

「とにかく若い女と乱れまくったエッチがしたい」と強く思っている男性のみ利用した方が良いです。

でないと、普通の女に戻れなくなる可能性があります。

実際に使ってみて、当たりを引いてしまうとその意味がよくわかるはずなので、「とにかく素人女性とセックスがしたい」という強い意志がある方はおすすめです。

>>PCMAX(R18)の公式サイトをチェックしてみる

PCMAXは安全な出会い系?

日本の役所に、安全な出会い系であると認められるには、年齢認証必須です。

これは、18歳未満に出会い系を利用させてはいけないと法律で義務付けられているので、優良なサイトだとしないといけません。

PCMAXは16年の老舗サイトでこのあたりは抜かりありません。

悪用されることはないし、送って本部の人間が確認をしたら、送ったものはすぐ破棄されるので気にしないで大丈夫です。

気になる方は、上のように顔写真をモザイクかけて赤く囲ったところだけを露出させてください。

もしくは、クレジットカードで100円課金することでも年齢確認は簡単にできます。

また、電話認証については多重登録防止目的なので、電話をかけると機械から「確認済みです」と返ってくるだけで、もちろんサイトから電話が来ることは一切ありません。

これで本登録は完了です。

すぐ会うためには、無料登録分のポイント(1000円分)で試してみると良いでしょう。

これだけだと不安だという場合は、だいたい3000円ほど課金すれば女性とほぼ会うことは可能です。

私はコアなユーザーなので毎月3000円は追加して新規開拓を狙っています。

出会い系には、

  • 若い女子大生
  • OL
  • ギャル
  • 欲求不満な人妻
  • ナースや介護士などストレスフルな職業の女性

などいろんな女性がいるので、自分好みの女性に声をかけてGETしましょう。

まずは無料登録をして、雰囲気を掴んでみると出会えることがわかるはず。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

自分好みの可愛い女と出会ってすこぶるやりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする